八甲田山登山初心者ガイド -こんな感じで山登り-

登山初心者ナビ 第三章

八甲田山登山初心者ガイド

八甲田山撮影: 登山初心者ナビ

八甲田山[はっこうださん]

標高1585m(八甲田大岳)。

山体所在地は青森県青森市・十和田市。【八甲田山の場所


登山適期は概ね6月上旬から10月下旬。
日帰り登山が可能な山。

※24時間監視中の常時観測火山(活火山)

初心者登山のひとこと難易度

初心者登山→○行ける

日帰 日帰り登山が可能な山

「初心者でも登れる=楽勝」ではないことに注意。


[vs.八甲田山] 登山準備物・持ち物

登山リュック 登山靴 ビブラム トレッキングポール
登山リュック
1万円台登山靴
登山杖

ザック ⇒ 登山用のリュック

街歩きのリュックではなく、身体と一体化する登山リュックがベター。

<アマゾンで検索した場合>

[密林]▶登山リュック
[密林]▶デイバッグ

<楽天市場で検索した場合>

[楽天]▶登山リュック
[楽天]▶デイバッグ

靴 ⇒ 1万円台の廉価登山靴

1万円台の登山靴以上を推奨。靴底張替はできない分買いやすい「vs登山靴」。

<アマゾンで検索した場合>

[密林]▶登山靴
[密林]▶トレッキングシューズ

<楽天市場で検索した場合>

[楽天]▶登山靴
[楽天]▶トレッキングシューズ

その他 ⇒ 登山を毎回楽しむために

雨風対策・日焼け対策・疲労軽減に役立つ視点で考えよう。

<アマゾンで検索した場合>

[密林]▶登山ウェア
[密林]▶トレッキングポール
[密林]▶熊除け鈴

<楽天市場で検索した場合>

[楽天]▶登山ウェア
[楽天]▶トレッキングポール
[楽天]▶熊除け鈴


八甲田山の登山口・登山道・登山時間

初心者向けの登山道&登山口

酸ヶ湯温泉

酸ヶ湯公共駐車場

登山口の場所:青森県青森市荒川南荒川山国有林酸ケ湯沢:酸ヶ湯駐車場

登り片道:2時間10分

登山道中の目標/地名: 酸ヶ湯温泉駐車場→仙人岱ヒュッテ(八甲田清水)→鏡沼→八甲田山山頂(大岳)

他の登山口&マイナー登山道

酸ヶ湯温泉旅館

酸ヶ湯温泉旅館

登山口の場所:青森県青森市荒川南荒川山国有林酸ケ湯沢:酸ヶ湯温泉旅館

登り片道:3時間40分

登山道中の目標/地名: 酸ヶ湯温泉→湯坂→下毛無岱→木造展望台→上毛無岱→大岳ヒュッテ→八甲田山山頂(大岳)


酸ヶ湯温泉旅館

山頂公園駅

登山口の場所:青森県青森市荒川寒水沢:山頂公園駅|山麓駅~山頂公園駅まで徒歩登山道は無し。

登り片道:2時間10分

登山道中の目標/地名: 八甲田山頂公園駅→湿原展望台→高山植物展望台→赤倉岳→大岳ヒュッテ→八甲田山山頂(大岳)

登山道・登山風景の参考動画

八甲田山の登山口+トレッキング準備ガイド


八甲田山の初心者登山計画書

そのまま歩けば登山完了の「モデルコース」ではなく、「自分の場合はこうして行く」に必要な事を調べて登山計画をしています。

初心者の事前登山計画メモ

一人登山非マイカー派も
想定人は124ccバイクの一人登山計画のため、マイカー以外の人も普通に行けます。

登山はその人が自分で考え、自分で決める必要があります。登山に必要な情報を引き寄せてアドバイス。

自分の山登りに必要な事、調べてみよう。

大間崎 津軽海峡 青森 獅子ヶ鼻 湿原 ブナ 秋田 会津若松城 鶴ヶ城 福島

八甲田山周辺地域の雰囲気

八甲田山→八甲田大岳登山

百名山の中に名前のある「八甲田山」はその地域一帯の山塊の総称。登山で達成感を覚えるには八甲田山の「大岳」を目指すことになるらしい。

八甲田大岳(付近には高田大岳もある)の登山はどこへ向かえばいいのだろう?

その答えは「酸ヶ湯温泉(すかゆおんせん)」

酸ヶ湯温泉旅館 八甲田山
酸ヶ湯温泉旅館

国道103号、酸ヶ湯温泉旅館のすぐ近くに酸ヶ湯公共駐車場があるので登山の出発拠点はこの駐車場に。

直近に酸ヶ湯キャンプ場【※HP】あり。フリーサイト+基本料金で1000円。

八甲田山大岳への登山口はこの公共駐車場前からのルートのものと、酸ヶ湯温泉旅館からの登山ルートと二つある。


八甲田山登山口の調査と決定

酸ヶ湯にある2つの登山口

酸ヶ湯公共駐車場の片隅には無人の酸ヶ湯インフォメーションセンター【※HP】があった。八甲田山への登山ルートはそこで再確認することができる。

酸ヶ湯旅館からか、駐車場近くの地獄沼付近からの登山ルートにするか、考えどころはそこだけ。

酸ヶ湯公共駐車場
酸ヶ湯温泉旅館から200mの駐車場

温泉旅館は温泉利用者の車両で一杯だった。

…ので、公共駐車場側の登山口から登ることにした。実際、最短ルート。


八甲田山登山時間と日程想定

酸ヶ湯は活動中の火山地帯

八甲田山自体は常時観測火山の活火山。登山口の近くの地獄沼は温泉の熱湯が噴出しているのか、奥の水面は湯気が出ている。

「まんじゅうふかし」と名付けられたスポットから流れる水に触れてみると火傷しそうな熱湯の温度。

酸ヶ湯温泉 地獄沼
夏でも湯気が立つ地獄沼

なんでもない砂利道の名もない水たまりさえ「お湯」。調べてみると地獄沼が過去の水蒸気噴火の場所とのこと。

異変を感じたら野生動物のごとく自己判断で死に至らない行動を。過去に火山性ガスにより犠牲者が出ている場所です。

もちろんツキノワグマも山にいるので、熊よけの鈴も鳴らしながら一人登山を始めよう。

八甲田山 日本山脈縦走起点
地獄沼側登山口の縦走起点標識

酸ケ湯~大岳の登山口には「日本山脈縦走起点」の標識。日本百名山同様、むかーし、読売新聞社がブーム作りで考えて作った造語。西側は山口県の秋吉台の若竹山。


八甲田山登山中・下山のイメトレ

有毒な火山性ガスに注意

登山ルートは途中のV字谷付近で迷いそうになるものの、そのあたりも野生の勘をフル活用。おかしいと思ったら引き返す。いつまでも道なき道を歩かずにちゃんと考えて進む。

登り片道:2時間30分との事だけど、実質プラス1時間で3時間半(以内)とみる。

八甲田山 登山道
仙人岱以前のV字谷

V字谷には水が流れているけれど、火山性の匂いがキツイので飲用には適さなかった。その先は仙人岱と呼ばれる高層湿原地帯。

八甲田清水と書かれた溜め水があったけれど、飲むのは微妙(飲んだけど)。

八甲田山 仙人岱
仙人岱の湿原部分

木道帯を過ぎると火山的な赤い岩がゴロゴロした道へ最後の踏ん張りどころ。荒天対策も万全に準備して挑もう。

山頂付近の風景は登った人のお楽しみ ( *´艸`)


1・2章内 関連ガイドページ】

(〃゚∇゚)っ▶山登りと森歩きの持ち物
(〃゚∇゚)っ▶登山道の森・森林限界までの歩き方
(〃゚∇゚)っ▶一万円台の登山靴の特徴と悩み


(*。・ω・)っ アウトドア

テントの張り方 インナーテント

テントの張り方解説ページ。

テントの構造や建て方(張り方)がわかれば、テント泊のハードルが一気に下がります。

(*。・ω・)っ 趣味ヒント

登山・湿原向けサーキュラーPL

自然地域を綺麗に撮るカメラ用品章。

風景写真や紅葉風景に活躍してくれるのがサーキュラーPL。



リアル山歩きの下調べ第三章 ( ˘ω˘ )

八甲田山 アクセスマップ

 
公官庁系の広報info

八甲田山系は、1,585mの大岳を最高峰とし、高田大岳、赤倉岳、さらにその南側に連座する櫛ヶ峰、駒ヶ峰、乗鞍岳、横岳などの火山群の総称です。

出典 環境省HP

第三章 東北登山計画書

奥入瀬渓流 青森
▽登山初心者ナビ 第三章▽

百名山初心者ガイド INDEX

名山と呼ばれた山々の登山道章。
登山の下調べ+初心者ガイド扉。

東北地方の百名山

岩木山への登山

八甲田山への登山

八幡平への登山

岩手山への登山

早池峰山への登山

鳥海山への登山

月山への登山

朝日岳への登山

蔵王山への登山

飯豊山への登山

吾妻山への登山

安達太良山への登山

磐梯山への登山

会津駒ヶ岳への登山

燧ヶ岳への登山