「百名山」の登山口・登山ルートを調べる


日本百名山 初心者でも調べて登れるミニ登山ガイド

登山 山登り

【写真:筑波山神社から筑波山の登山道へ向かう二人の女性】

 

 

百名山登山初心者ナビの全ページリンク


ちょっと長くなりますが、百名山へ直接つながる日本百名山登山初心者ナビページへのリンクです。

 

北海道の百名山登山ナビページ
1:利尻山の登山ナビ 4:阿寒岳の登山ナビ 7:十勝岳の登山ナビ
2:羅臼岳の登山ナビ 5:大雪山の登山ナビ 8:幌尻岳の登山ナビ
3:斜里岳の登山ナビ 6:トムラウシ山の登山ナビ 9:後方羊蹄山の登山ナビ

 

東北地方の百名山登山ナビページ
1:岩木山の登山ナビ 7:月山の登山ナビ 13:磐梯山の登山ナビ
2:八甲田山の登山ナビ 8:朝日岳の登山ナビ 14:会津駒ヶ岳の登山ナビ
3:八幡平の登山ナビ 9:蔵王山の登山ナビ 15:那須岳の登山ナビ
4:岩手山の登山ナビ 10:飯豊山の登山ナビ 16:越後駒ヶ岳の登山ナビ
5:早池峰山の登山ナビ 11:吾妻山の登山ナビ 17:燧ヶ岳の登山ナビ
6:鳥海山の登山ナビ 12:安達太良山の登山ナビ  

 

関東地方の百名山登山ナビページ
1:平ヶ岳の登山ナビ 7:日光白根山の登山ナビ 13:浅間山の登山ナビ
2:巻機山の登山ナビ 8:皇海山の登山ナビ 14:筑波山の登山ナビ
3:至仏山の登山ナビ 9:武尊山の登山ナビ 15:両神山の登山ナビ
4:谷川岳の登山ナビ 10:赤城山の登山ナビ 16:雲取山の登山ナビ
5:苗場山の登山ナビ 11:草津白根山の登山ナビ 17:丹沢山の登山ナビ
6:男体山の登山ナビ 12:四阿山の登山ナビ  

 

北アルプス(飛騨山脈)地域の百名山登山ナビページ
1:雨飾山の登山ナビ 8:剱岳の登山ナビ 15:奥穂高岳の登山ナビ
2:妙高山の登山ナビ 9:立山の登山ナビ 16:常念岳の登山ナビ
3:火打山の登山ナビ 10:薬師岳の登山ナビ 17:笠ヶ岳の登山ナビ
4:高妻山の登山ナビ 11:黒部五郎岳の登山ナビ 18:焼岳の登山ナビ
5:白馬岳の登山ナビ 12:水晶岳の登山ナビ 19:乗鞍岳の登山ナビ
6:五竜岳の登山ナビ 13:鷲羽岳の登山ナビ 20:御嶽山の登山ナビ
7:鹿島槍ヶ岳の登山ナビ 14:槍ヶ岳の登山ナビ  

 

中央アルプス(木曽山脈)・南アルプス(赤石山脈)地域の百名山登山ナビページ
1:美ヶ原の登山ナビ 8:大菩薩嶺の登山ナビ 15:間ノ岳の登山ナビ
2:霧ヶ峰の登山ナビ 9:木曽駒ヶ岳の登山ナビ 16:塩見岳の登山ナビ
3:蓼科山の登山ナビ 10:空木岳の登山ナビ 17:東岳の登山ナビ
4:赤岳の登山ナビ 11:甲斐駒ヶ岳の登山ナビ 18:赤石岳の登山ナビ
5:甲武信ヶ岳の登山ナビ 12:仙丈ヶ岳の登山ナビ 19:聖岳の登山ナビ
6:金峰山の登山ナビ 13:鳳凰山の登山ナビ 20:光岳の登山ナビ
7:瑞牆山の登山ナビ 14:北岳の登山ナビ 21:恵那山の登山ナビ

 

東海・北陸・近畿地方の百名山登山ナビページ
1:富士山の登山ナビ 4:荒島岳の登山ナビ 7:大峰山の登山ナビ
2:天城山の登山ナビ 5:伊吹山の登山ナビ  
3:白山の登山ナビ 6:大台ケ原山の登山ナビ  

 

中国・四国・九州の百名山登山ナビページ
1:大山の登山ナビ 4:九重山の登山ナビ 7:霧島山の登山ナビ
2:剣山の登山ナビ 5:祖母山の登山ナビ 8:開聞岳の登山ナビ
3:石鎚山の登山ナビ 6:阿蘇山の登山ナビ 9:宮之浦岳の登山ナビ

 

観光地化された山もあれば秘境クラスの山もある百名山

この章では「山登り」の候補地探しに役立つ「山」そのものの情報を整理していきます。

 

登山 山登り

日本百名山とは、昭和時代の自然を愛する作家の方(故・深田久弥)が、日本の「山」の中から景観に優れた山を100ヶ所ピックアップし、本にまとめ上げたもの。

後世に「日本二百名山」「日本三百名山」があり、こちらはその「百名山」に他の山が追加されたもので、優れた(景観を持つ)山は必ず100ヶ所から外れる理由がないため、「ハズレ」が少ないというわけですが、山の中には女性の進入自体を拒否している女人禁制の登山道もあります。

 

その他、中高年登山向けのピックアップの「新日本百名山」や「花の百名山」「新・花の百名山」などが全国的な山の「くくり」があります。

 

区切り線

男子

日本百名山!昭和時代の作家さん・・・ようするに個人事業主のクリエイターさんが自分の趣味や知識を本業と融合させてミシュランガイドのようにした「くくり」なんだけど、北海道から九州までなかなか納得のチョイス。結構「偉業」です。山登り初心者さんでもご近所を見渡してみると思いのほか行ける距離に百名山の山が4~5座あると思うので、身体の鍛錬も兼ねていろいろな登山道をのんびり登ってみると良いですよ。

【★登山情報なんかない?:百名山のガイド本

区切り線

 

 

 

第五章 百名山登山ルートナビの目次


「百名山」と一言でくくれますが、つまりは「100ヶ所(100ページ)」になります。
そのため、百名山登山ルートナビの章は一旦「地域」ごとのガイドページを用意し、そこから個々の百名山の登山ルート解説ページへリンクしています。下のリストから見たい項目を自由に散策してみてください。

 

百名山登山ルートナビ
0:百名山登山ルートナビ目次  
1:北海道の百名山 5:中央アルプス・南アルプス地域の百名山
2:東北地方の百名山 6:東海・北陸・近畿地方の百名山
3:関東地方の百名山 7:中国・四国・九州地方の百名山
4:北アルプス地域の百名山  

 

噴火警報の出ている百名山情報

御嶽山-(噴火警戒レベル3(入山規制))

浅間山-(噴火警戒レベル2(火口周辺規制))

吾妻山-(噴火警戒レベル2(火口周辺規制))

阿蘇山-(噴火警戒レベル2(火口周辺規制))

草津白根山-(噴火警戒レベル2(火口周辺規制))

霧島山-(噴火警戒レベル2(火口周辺規制))

【気象庁:防災情報・噴火警報・予報

 

百名山登山ルートナビは登山初心者のガイドページ

これから時々山歩きをしていきたい人であれば、百名山に興味を持って調べてみましょう

 

山登り ハイキング

富士山などの独立峰の山は、頂上が火口の高い部分のため「山の山頂」は多くても1~2か所ですが、連峰(連山)・山脈の山の場合「山塊」となり、「××山××岳」といった「山のコブ」がいくつもある状態で「××山」と呼ばれます。

「山脈」の場合は隣の「峰(~~岳)」まで尾根伝いに登山ルートがある場合、山から山へと登頂をすることができ、縦走」(尾根伝いにいくつかの山頂を通って歩くこと。)と呼ばれます。

 

まずは百名山。お近くの山を楽しみましょう。

 

 

 

日本百名山の登山ルートの情報章。


時々行こう、百名山。

尾瀬ヶ原 至仏山
【写真:尾瀬ヶ原からの至仏山】

 

 

鳥海山   富士山
【写真:東北地方ののどかな田園地帯にそびえる「鳥海山」】   【写真:高感度撮影による深夜の「富士山」】
大山   開聞岳
【写真:中国地方の代表的百名山・鳥取県の「大山」】   【写真:海から直の独立峰・九州本土最南端の百名山「開聞岳」】

 

富士山

山登りは競争でも仕事でもない。麓まで行っても山頂まで着かなくてもいい

平地系ハイキングが目的の人も、山登りや写真撮影を新たな趣味にしたい人も、登山靴や登山リュックの購入に悩む人も、自然散策に特化した情報ガイドである当サイトの情報を自由に参考にしてあなた自身のトレッキングライフに積極的に取り入れてみてください。

 

 

 

【森歩き・山歩き・トレッキングの一コマ】


熊除けの鈴 熊鈴
【写真:熊除けの鈴。北海道はもちろん、九州を除く山は賑やかに行動した方が良い】

 

 

区切り線

女子

自分から行く登山目的の旅、悪くないですよ♪でも、『お客様』ではないから身を守る装備や服装は全部自分で持ってこないとヘロヘロになってしまいます。揃える物を揃えたら毎年2~3回くらいは山登りに行きたいですね♪

【★登山情報なんかない?:女性の山登り用品

区切り線

 

 

 

第五章 百名山登山ルートナビの目次


 

百名山登山ルートナビ
0:百名山登山ルートナビ目次  
1:北海道の百名山 5:中央アルプス・南アルプス地域の百名山
2:東北地方の百名山 6:東海・北陸・近畿地方の百名山
3:関東地方の百名山 7:中国・四国・九州地方の百名山
4:北アルプス地域の百名山