キャンプ ソロキャンプ テント

ゼロから始めるソロキャンプ「調理器具」解説


「どこでもインスタントラーメン」の安心感

イワタニ カセットガス ジュニアバーナー

【写真:燃料がコンビニで買えるカセットガスボンベタイプのバーナー】

 

 

家族キャンプ以外のキャンプの主力バーナー&コッヘル

キャンプ用品や広告雑誌に誘導されるがままに造られたキャンプで宴会」の図式を塗り替えてみましょう

氷で冷やされたクーラーボックスから飲み物を取り出し、ホームセンターで用意した炭火と着火燃料にピーマンとトウモロコシを刺した焼肉を置く。「キャンプ」を業界が誘導した結果、必要な物と買い物の正当化のために必要な「儀式」ばかりが増えていきます。

 

キャンプ

キャンプバーベキュー」の図式にすることによって「高火力のツーバーナーコンロ」や「テーブルセット」が売れるので売上の客単価はプラス数万円。大型化する荷物を持ち運ぶのに都合のよい仕組みがクルマ必須の「オートキャンプ」。キャンプ場では同じ一晩で料金はバイクやフリーサイトより10倍取ることができます。

さすがに「一人バーベキュー」を流行らせようとしても人々を騙せないので「みんなでワイワイ=キャンプにしていき、『キャンプ=まずクルマを買ってから&やたらお金がかかる初期投資のバブルレジャー』というイメージが定着してしまった時代があります。

 
アマゾンで調べてみる アマゾンで「キャンプ」(本)で検索するとこうなります
楽天市場で調べてみる 楽天市場で「キャンプ」(本)で検索するとこうなります

 

ハイキング

このサイトのキーワードであるソロキャンプ」は本質的な「宿泊」滞在
もちろん、目玉焼きやパスタを茹でても全然良いのですが、一人キャンプで(仲間キャンプでも)、時間をかけて「旅先の野外で」料理するための調理器具を持っておく必要はそれほどありません

でも、「夜ごはんのためにおにぎりでも買ってこよう」が基本ではあるものの、キャンプ場の周辺は基本的に田舎。

コンビニまでバイクや車で30分山を下りる必要があったり、お土産屋さんも日没(夕方5時位)には閉まっています。

 

寝る前にお腹が空き出せば空腹で寝ることになってしまうため、お湯だけでも沸かせるモノ・・・という感覚から『調理に使えるキャンプ用品を見てみましょう。

 

山登り&ハイキングのこぼれ話

男子

一人暮らしで部屋に食料品が無い時の事を想像してみましょう。「毎日」の事を考えればお米を買いに行ったり、冷蔵庫に入れる食品を買いに行くのですが、キャンプには冷蔵庫も電子レンジもありません。キャンプは一時滞在。最初の最初は電子レンジが無い状態でインスタント食品を加熱するための調理器具でキャンプする方がいいです。カセットコンロタイプの小さなシングルバーナーなら燃料を含めて3~4千円で買うことができます。

【★キャンプ用品なんかない?:カセットコンロ

区切り線

 

 

 

携帯できるキャンピングバーナー


燃料はカセットガスボンベで決まり

カセットガス ボンベ
【写真:ホームセンターやコンビニ、スーパーで売っているカセットガスボンベが使えるバーナーがおすすめです】

 

 

カセットコンロ ガスコンロ

野外でお湯を沸かすことができればインスタントラーメンでもレトルト白米&カレーでもコーヒーやお味噌汁も即席で作ることができます。必要なのはコンロ(バーナーです。

クルマの人であればイラストのような『カセットコンロ』があれば「キャンピングバーナー」や「バーベキューコンロ」を探さなくても一瞬で家庭のガスコンロと同じ炎が着きます。

でも、自転車やバイク、山登りの山小屋に持って行くには大きいので小さなものを探します。

 
アマゾンで調べてみる アマゾンで「カセットガスコンロ」で検索するとこうなります
楽天市場で調べてみる 楽天市場で「カセットガスコンロ」で検索するとこうなります

 

かつてはホワイトガソリンや専用ガスボンベを燃料にしたバーナーキャンプバーナーでしたが、今では全国にコンビニがあり、コンビニでもカセットガスボンベが売られています。氷点下の極地に行くわけでなければカセットガスボンベのコンロで普通に火が着くので、液体燃料と専用ガスカートリッジのタイプを除いたものを下に検索してみました。

 

【リュックから取り出す小さなカセットガスバーナー】
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310
 
ソト(SOTO) G'Z シングルバーナー ST-301
 
ソト(SOTO) G'z G-ストーブSTG-10
 
イワタニ カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-3
 
シングル バーナー ミニ ガス コンロ カセット ボンベ タイプ A087

 

アマゾンで調べてみる アマゾンで「カセット バーナー」で検索するとこうなります
楽天市場で調べてみる 楽天市場で「カセット バーナー」で検索するとこうなります

 

 

小さなガスバーナーの使い勝手はどうかな?


イワタニのカセットガスジュニアバーナー

キャンプ ラーメン
【写真:キャンプ場で作った具のないしラーメン♪バーナーは イワタニのカセットガス ジュニアバーナー。】

 

小さなガスバーナーを購入してキャンプ場に持って行ってみましょう。

キャンプ バーナー ジュニアバーナー カセットガス   キャンプ バーナー ジュニアバーナー カセットガス
【バーナー:イワタニのカセットガスジュニアバーナー   【ジュニアバーナー:このように使います】
キャンプ バーナー ジュニアバーナー カセットガス   キャンプ バーナー ジュニアバーナー カセットガス
【ジュニアバーナー:こちらが収納形態】   【ジュニアバーナー:五徳になる腕をパタパタ展開】
キャンプ バーナー ジュニアバーナー カセットガス   キャンプ バーナー ジュニアバーナー カセットガス
【ジュニアバーナー:カセットガスボンベをカチャっと】   【ジュニアバーナー:ライターのように少しガスを出し・・・】
キャンプ バーナー ジュニアバーナー カセットガス   キャンプ バーナー ジュニアバーナー カセットガス
【ジュニアバーナー:カチッと火花を散らして点火】   【ジュニアバーナー:着火終了 ^^】

 

キャンプ テント

初期のソロキャンプではドリンクとお菓子をテント内で食べて睡眠をとるスタイルのキャンプ泊をしていましたが、お菓子は食べている時の満足感だけはあるものの、腹持ちは良くありません。また、前述したように田舎に行くと夕方に全てのお店がシャッターをおろし、周囲30kmに開いているお店が一軒もない場合があります。

自動販売機だけはどこかにあるにせよ何の食べ物もなく、寝静まった世界で目が覚めると結構辛い時間が「長い」もの。小さなバーナーとお味噌汁一杯、はるさめスープやコーンポタージュの小袋がいくつかあるだけで心の安心感が全然違います

 
アマゾンで調べてみる アマゾンで「イワタニ バーナー」で検索するとこうなります
楽天市場で調べてみる 楽天市場で「イワタニ バーナー」で検索するとこうなります
アマゾンで調べてみる アマゾンで「SOTO ストーブ」で検索するとこうなります
楽天市場で調べてみる 楽天市場で「SOTO ストーブ」で検索するとこうなります
アマゾンで調べてみる アマゾンで「コールマン ストーブ」で検索するとこうなります
楽天市場で調べてみる 楽天市場で「コールマン ストーブ」で検索するとこうなります

 

テント内でバーナー(火)を使わないように!

ひとつだけ間違えないように覚えておくことは「テント内では使うモノではない」ことです。
テント内では一酸化炭素中毒で命に係わるほか、テントに燃え移れば逃げ場はありません。

突然の雨天や寒い深夜にはなんでもテント内で済ませてしまいたくなるものですが、知らない人は「バーナーや炎を灯すタイプのランタンはテント内では使うモノではない」という事を覚えておきましょう

 

 

 

「クッカー(コッヘル)」キャンプのお鍋も軽量化


お湯を沸かすのに必要なのはお鍋。小さなクッカーセットは高くない

キャンプ クッカー コッヘル

ガスバーナーで一杯分のお湯を作ろうにも火にかけるお鍋が無いとお湯が沸かせないので、お鍋が必要になってしまいます。クルマで行くオートキャンプの人は特に気にかけることはなかったかもしれませんが、こうして必要になる荷物は「ひとつひとつ増えていく」ので、始めから「車に積むから収納サイズは気にせず揃える」事をしない方が良いでしょう。

さて、キャンプに持って行くお鍋の事ですが、キャンプ用品というか、目当ての物を検索しやすい言葉はカタカナ用語の場合が多いので知識として見ておきましょう。

 
アマゾンで調べてみる アマゾンで「コッヘル」で検索するとこうなります
楽天市場で調べてみる 楽天市場で「コッヘル」で検索するとこうなります
アマゾンで調べてみる アマゾンで「クッカー」で検索するとこうなります
楽天市場で調べてみる 楽天市場で「クッカー」で検索するとこうなります

 

キャンプ クッカー コッヘル   キャンプ クッカー コッヘル
【キャンプで使うお鍋:英語的にはクッカーと呼ばれます】   【コッヘル:コッヘル(Kocher)は「炊飯用具」のドイツ語】

 

写真のコッヘル(=クッカースノーピークのトレック900です。

 

キャンプ 飯盒 はんごう

昔の野外滞在はかまどの直火に「飯盒(はんごう)」をかけて「ご飯を炊く」イメージがキャンプでしたが、今では2秒で家庭と同じ安定した炎が燃え続けるバーナーがあったり、白米のご飯も温めるだけで食べられるレトルトパックが普及したので、かまどでご飯を炊くようなキャンプはほとんど見られなくなりました。

携帯炊飯用具は写真のようなクッカー(英語)やコッヘル(ドイツ語)のカタカナ語でキャンプでよく使われるお鍋セット」として普及しています。

 
【バーナー+ひとつあると食事に困らない携帯おなべ「コッヘル」】
スノーピーク トレック900 SCS-008
 
ダグ POT-M DG-0207
 
モンベル クッカー アルパインクッカーディープ11
 
キャプテンスタッグ カートリッジクッカーセット820ml M-8579
 
イーピーアイ アルミ3点食器セット C-5201

 

【クッカー(コッヘル)の選び方のざっくり解説】

キャンプ クッカー コッヘル
【写真: スノーピークのトレック900。】

 

 

思ったより安い価格で売られているクッカー
いろいろなメーカーが異なるサイズのお鍋を組み合わせてセット物として販売しています。

 

アマゾンで調べてみる アマゾンで「スノーピーク クッカー」で検索するとこうなります
楽天市場で調べてみる 楽天市場で「スノーピーク クッカー」で検索するとこうなります
アマゾンで調べてみる アマゾンで「プリムス クッカー」で検索するとこうなります
楽天市場で調べてみる 楽天市場で「プリムス クッカー」で検索するとこうなります
アマゾンで調べてみる アマゾンで「モンベル クッカー」で検索するとこうなります
楽天市場で調べてみる 楽天市場で「モンベル クッカー」で検索するとこうなります
アマゾンで調べてみる アマゾンで「コールマン クッカー」で検索するとこうなります
楽天市場で調べてみる 楽天市場で「コールマン クッカー」で検索するとこうなります

 

キャンプ クッカー コッヘル

クッカーコッヘル)を選ぶポイントはあまり難しく考えずに、自分が必要な「サイズ」で探してみると良いでしょう。

アルミがどう上位金属のチタンがどう、テフロン加工が、取っ手に保護ゴムが・・・というこだわりは、販売しているメーカーが「鍋」を売るために工夫した「差別化」なだけで、それほど何かが変わるわけではありません

 

自分の使い方次第でほとんど気にならなくなるポイントであるのに対し、ナベのサイズ(大きさ)が用途に合わないモノを買ってしまうと買い替えるまで不便が続いてしまいます。

 

【携帯お鍋のセット物 「クッカーセット」】
ロゴス ツーリングクッカーセット
 
モンベル クッカー アルパインクッカー ディープ 11+13セット
 
スノーピーク アルミパーソナルクッカーセット SCS-020
 
ベルモント BM-117 ステンクッカー 5点セット
 
ツーリングクッカーセット 8PC

 

キャンプ クッカー コッヘル バーナー   キャンプ クッカー コッヘル バーナー
【コッヘル+バーナー: スノーピークのトレック900   【コッヘル:浅いパンはあまり使わないかも】

 

キャンプ クッカー コッヘル

お湯だけで食べられる「温める」レトルトご飯で済む人は油料理で便利な加工の施されたコッヘルは必要ありませんし、逆に焼く料理のために必要な人は浅めのものなど、こだわるべきは材質ではなくあなたが好んで使うスタイルに合わせたサイズ

適度なサイズではないとバーナーの五徳に載せた時に不安定で、料理がひっくり返ってテーブルや地面に・・・という事もあるかもしれません。

 

100円ショップで売られているお鍋でも良いのですが、把手(とって)部分が固定されていて携帯収納は考えられていない「お鍋そのもの」なので、無駄に収納スペースが必要になってしまいます。

クッカーキャンプ場だけではなく、登山での山小屋泊に活躍することのできる携帯用品。基本的に立派なものではなく、リュックに入れて持ち運べる大きさのものをお勧めします。

 

 

 

コッヘル(クッカー)の使用例・携帯例


ソロキャンプはやっぱり携帯性重視

キャンプ クッカー コッヘル バーナー
【写真: イワタニのカセットガス ジュニアバーナースノーピークのトレック900+ちょっと使ったガスボンベ=748g】

 

登山&トレッキング初心者ナビのソロキャンプで使っているのは「 イワタニ カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-3 」と「 スノーピーク(snow peak) トレック900 SCS-008 」の組み合わせ。

基本的にバイクツーリングによる自然地域への散策キャンプが多いため、携帯性に注目
この組み合わせは実は「クッカーの中にバーナーが収納できる」サイズなのです。

 

アマゾンで調べてみる アマゾンで「クッカーセット」で検索するとこうなります
楽天市場で調べてみる 楽天市場で「クッカーセット」で検索するとこうなります

 

キャンプ クッカー コッヘル バーナー   キャンプ クッカー コッヘル バーナー
【コッヘル+バーナー: バーナーが入ったケースがすっぽり】   【この他に燃料のカセットガスボンベを携帯する】
キャンプ クッカー コッヘル バーナー   キャンプ クッカー コッヘル バーナー
【コッヘル: クッカー単体の重さは247g】   【お鍋:ティファールのスースパン530g】

 

登山

それまで「キャンプバーベキュー」と思っていた人はキャンプの先入観イメージが変わってきたのではないでしょうか。

もう一度。キャンプ場で料理をする必要自体、そもそもありません。」
コンビニ弁当や手作りのおにぎりだっていいのです。

でも、あると自分がちょっと楽しくなるものは前向きに活用すると一泊千円程度のソロキャンプのハードルがどんどん低くなっていきます。

 

大きな専用バーナーやバーベキューコンロが無くても普通にキャンプができますので、小さくて携行しやすいキャンプ用品に注目してみるとお出掛けの機会を増やすことができるようになるでしょう。

 

<参考>

イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-3

キャンプ 火

サイズ:使用時/幅155×奥行155×高さ127mm、収納時/幅82×奥行68×高さ109mm
本体重量:約274g
素材・材質:本体/アルミニウム、バーナーヘッド・ごとく・脚・風防/ステンレス、つまみ/ナイロン66、専用ハードケース/PE(ポリエチレン)
セット内容・付属品:本体、イワタニカセットガスジュニア×1本、専用ハードケース
最大発熱量:2.7kW(2300kcal/h)
ガス消費量:約194g/h

 

スノーピーク(snow peak) トレック900 SCS-008

キャンプ クッカー コッヘル

本体サイズ(約):[ポット]径12×高さ10.7cm [フタ]径12.7×高さ3.9cm
収納サイズ(約):径13×高さ14cm
容量:[ポット]900ml [フタ]250ml
特徴:クッカー内壁にはアルマイト加工を施しています

 

さてさて、どんどん調べていきましょう♪

 

■ キャンプ=キャンプ用品じゃない。車の人は安くて早いカセットコンロ♪
ニチネン マイコンロ・テラ
 
イワタニ カセットフー 達人スリム
 
イワタニ カセットフー エコスリムII
 
イワタニ カセットフー マーベラス
 
イワタニ カセットガス オレンジ 3本組

 

山登り&ハイキングのこぼれ話

女子

1000m程度の低山でも山頂のテーブルでシングルバーナーを使ってお湯を沸かしてお昼を温めている人を良く見かけます・・・持っている人は持って行って使いたくなるんですよね。^^;

燃料のカートリッジがキャンプバーナー用の専用物で構わない人は性能重視で、コンビニやスーパーで買えるガスボンベを使えるものが良い人はカセットガス仕様のシングルバーナーであることを確認して購入しましょう。

【★キャンプ用品なんかない?:キャンピングバーナー

区切り線

 

 

 

第二章 ソロキャンプ・テント泊ガイドの目次


キャンプ場やテントの張り方の様子を写真で見ながら本当の格安宿泊イメージを膨らませてみよう。
下のリストから見たい項目をチェックして必要な事を考えてみよう。

 

ソロキャンプの楽しみ方とキャンプ用品
0:ソロキャンプ・テント泊ガイド目次  
1:新しい「ソロキャンプ」の楽しみ方 5:キャンプ場のトイレ&炊事場の設備
2:キャンプ場の種類とキャンプのカタチ 6:キャンプ場のお風呂&バンガロー施設
3:キャンプ場のスタイル&料金の意味 7:キャンプ場の受付手続き&ルール他
4:ソロキャンプの持ち物・キャンプ用品 8:テントの撤収&ソロキャンプの流れ
ソロキャンプ用品の解説&選び方参考書
1:ソロキャンプのテントガイド 4:ソロキャンプの調理用品ガイド
2:ソロキャンプの寝袋ガイド 5:ソロキャンプのランタンガイド
3:ロールマット・キャンプマットガイド  
ソロキャンプ用品の使い方と過ごし方
1:テントの張り方-1 グラウンドシート 5:ソロキャンプのインフレーターマット
2:テントの張り方-2 インナーテント 6:ソロキャンプのバーナー&クッカー
3:テントの張り方-3 フライシート 7:キャンプ場の朝とチェックアウト
4:ソロキャンプのロールマット